HOME > お困りのとき

お困りのとき

ガス臭いとき 

火気は絶対使用しないでください

室内の火(タバコやコンロなど)をすべて消してください。換気扇や電灯など、電気器具のスイッチは危険です。スイッチ操作の火花がガスに引火し、爆発する恐れがあります。切ることもしないでください。

火気使用禁止

窓や扉を大きく開け室内の空気を入替えてください

換気してください

LPガスは空気より重いため、低い所にガスが溜まる場合があります。ほうきなどでガスを外にはき出してください。

器具栓、ガス栓、メーターガス栓、容器バルブを必ず全て閉めてください

必ず栓を閉めてください

地震のとき 

①身の安全と出入り口の確保をしましょう

丈夫な机やテーブルの下にもぐって身の安全を確保しましょう。頭を座布団などで保護し、揺れが収まるのを待ちます。揺れのため出入口がゆがんで扉が開かなくなることがあるので、扉を開けて出入口を確保しましょう。

下敷きになったら身動きが取れなくなりそうな大きなものから離れましょう。窓ガラスが割れて飛び散る危険性もあるので、窓からも離れるようにしましょう。

※大きな地震が起きた場合、マイコンメーターが自動的にLPガスを遮断します。

(震度5程度以上)

マイコンメーターが自動的にストップ

②火の始末をしましょう

火の始末をしてください

揺れが収まったら、室内の火を全て消してください。ストーブからタバコや線香に至るまで、小さな火も見逃さないように。

コンロは元栓、器具栓を閉めます。

③においをチェック

ガスの臭いがしないかチェックしてください。 ガス臭い時はすぐに窓を開けて、お近くの支店または営業所までご連絡ください。

④容器バルブを閉めましょう

二次災害防止のため、下記の場合は地震が収まった後で外に出てLPガス容器のバルブを閉めてください。また、ガスボンベが倒れたりチェーンが緩んだりしていないかをご確認ください。

  • 揺れが大きかったとき
  • ガスの臭いがしたとき
  • 津波が予測されるとき
  • 自宅を離れて避難するとき
  • ガス漏れ警報器が鳴ったとき

⇒バルブの閉め方

災害のときに容器バルブを閉めることは二次災害防止にも役立ちます。容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。

※マンションなど集合配管のお宅は、マイコンメーターの元栓を閉めてください。

バルブを閉めましょう

⑤ガスが止まってしまったら、マイコンメーターを確認

マイコンメーターの確認

ガスが止まった場合はマイコンメーターを確認し、復帰操作を行ってください。

復帰ボタンを1回押して「約1分間」待ってから、表示が消えれば使用できます。

大きな地震などでその区域のガスの供給が停止している場合や、ガスの配管などが破損している場合は、マイコンメーターを操作しても使用できません。

マイコンメーター復旧方法 

こんな時ガスメーターが自動的にガスを止めます

地震発生時

ガスの使用中に震度5相当以上の地震が起こるとガスを止めます。

長時間使用時

ガス器具の消し忘れなどで、長い時間連続してガスが流れている場合ガスを止めます。

誤開放時

未使用のガス栓を誤開放して、急に大量のガスが流れた場合などにガスを止めます。

ガス圧低下時

雪下ろしなどでガスの配管を破損させてしまってもガスを止めます。

復旧の手順

元栓を閉める
復帰ボタンを2秒押す
1分少々待つ
液晶が消える

それでも直らないようでしたら、
直ちに当社までご連絡下さい!

TEL:089-984-1296