HOMEサービス紹介 > LPガスの基礎知識 > LPガスとは?

LPガスの基礎知識

LPガスとは 

ガスタンク

LPガスは石油ガスを液化したもので、正確には液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)といい、その頭文字をとってLPG(LPガス)と呼ばれています。また、家庭用のLPガスはプロパンが主成分のためプロパンガスとも呼ばれています。

他にも、ブタンが主成分のもので主に工業用の燃料・都市ガス用の原料として使われているブタンガスや、ブタンガスにプロパンガスを混ぜたものでタクシーなどの自動車用燃料として使われているオートガスなど、一般的にはこれらのガスを総称してLPガスと呼んでいます。

LPガスの性質 

空気より重い

空気より重い

LPガスは空気の約1.5倍の重さがあり、漏れると低いところや物かげにたまる性質があります。万が一ガスが漏れた際は、特に下方の風通しを良くし、ガスを屋外に出すようにしてください。

無色無臭

玉ねぎ臭

LPガスは本来無色無臭ですが、ガス漏れを発見しやすいようにわざとタマネギの腐ったような臭いをつけてあります。この臭いの成分は燃えると無臭になるため、LPガスが正しく使われている限り臭うことはありません。

もしもガス臭いと感じたらすぐにご連絡ください。

※ガス容器の残量が少なくなると使用後にガスの臭いがする場合 があります。念の為点検にお伺いしますのでご連絡ください。

燃焼するにはたくさんの空気が必要

LPガスが燃焼するためには、大量の空気(酸素)が必要です。

室内でガスを使用するときは、充分に換気をしてください。

簡単に液化させることができる

液化

気体のLPガスは、冷却と加圧により簡単に液化します。ボンベには液化した状態でLPガスが入っています。

※近くで焚き火などをするとボンベが高温になり圧力が上昇するため、安全弁が作動して空気中にLPガスを放出することがあります。

※液体のLPガスに触れると凍傷になることがあります。

LPガス周辺設備 

LPガスをいつも安心・快適にお使いいただくために、LPガスおよびガス機器などについて正しいご理解をいただくことが大切です。また、ガス機器の性能、正しい使用方法、お手入れの方法、保管方法などは取扱説明書や警告表示などをご確認の上、正しくご使用ください。

周辺設備

⇒供給設備とは

容器からマイコンメーターまでは供給設備と呼ばれ、この部分は当社が責任をもって安全管理します。

⇒消費設備とは

マイコンメーターの出口からガス機器まで(マイコンメーターがない場合は容器からガス機器まで)は消費設備と呼ばれ、法律上の管理責任はお客様にあります。

(1)マイコンメーター

お客さま宅に設置しているマイコンメーターは、ガスを計量する機能の他にさまざまな安全機能が内蔵されており、ガスの流れを常に監視し、異常があった時やいざという時に安全装置が働いて、ガスを自動的にストップします。

マイコンメーター

(2)ガスボンベ

当社で残量を管理し、定期的にお客さま宅へ交換にお伺いします。

(3)調整器

ガスの圧力を調整する装置です。

(4)ガス放出防止型張圧式高圧ホース

地震、落雪等やその他の要因で容器が転倒し、高圧ホースに所定以上の張力が加わった場合に容器のバルブ部分から外部へガスの放出を防止する装置です。

(5)ガス警報器

ガス漏れなどを検知してブザーでお知らせします。

(6)ガスコンロ

最新のガスコンロは全てのバーナーに「安心センサー」を搭載しています。

「Siセンサーコンロ」といい、異常時には安全機能が働いて、運転を停止します。

(7)ガス栓

ゴム管が外れたり、多量のガスが流れるとガス栓のヒューズが出口を塞ぎ、万が一のガス漏れを防ぎます。

(8)ガスコード

ホースの内側を補強しているので、切れにくく丈夫です。

踏んでもガスは止まりません。

(9)ファンヒーター

不完全燃焼を起こす前にガスを自動的に止める「不完全燃焼防止装置」や、機器が転倒するとガスを止めて運転を停止する「転倒時ガス遮断装置」など安心機能を搭載しています。

(10)屋外設置型給湯機器

機器を屋外に設置することにより、給排気の安全性がより高まります。

(11)フレキシブル管

柔軟性にすぐれています。

(12)ポリエチレン管

腐食、曲げに強く、ガス漏れを防ぎます。