HOMEサービス紹介 > エコシステム > エネファームとは

エネファームとは

家庭用燃料電池エネファーム 

エネファームとは、「エネルギー」と「ファーム(=農場)」からの造語です。水と大地で農作物をつくるように、LPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ電気とお湯をつくり出します。

自宅で発電するため、約90%の高い総合エネルギー効率を実現。さらに、従来のシステムに比べ、年間の二酸化炭素の排出量を大幅に削減することができます。

また、LPガスを使って発電するのでその分電気の使用量が減り、光熱費全体のコストダウンが可能になります。

自分のエネルギーを自分でつくる。家庭用燃料電池「エネファーム」は、これからのエネルギーの考え方を「ファーム」という世界観により表現し、環境にやさしいエネルギーの使い方を実現します。

エネファームは暮らしに合わせて24時間運転し、天候や時間に左右されず発電給湯できます。

エネファームのしくみ

エネファームで発電する原理は水の電気分解の逆。都市ガスやLPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ、電気をつくり出します。さらに、発電の際に発生する熱を捨てずにお湯を作り、給湯に利用。エネルギーをフル活用するシステムです。

エネファームのしくみ